Tsukurikake Wiki
Advertisement

Hitomi.png

ひとみ(Hitomi)
色:青 桃 紫 白
ロール:飛び回り追いかける目玉 名家の末娘 建前を知らない子供
形態:尾びれのような神経をひらめかせ、蝶の翼で宙を飛びまわるキロノメ(Chironome)に似た目玉。人型では髪をくくった和服の少女の姿をとる。
属性:ひいき 万能感 欲しがり 好奇心 子供
性別:お嬢様
場所:ローカ・ラウキカがベースの平行世界
性格:望むものを与えられ、愛され、何一つ不自由を感じた事の無い娘。人の心は所有するものであり、世界はすべて自分の思い通りになると思っており、飛び回る目の姿が示すとおりに自らと他者の秘密を明け渡させ、共有しようとする。裏表が無く思ったことを素直に口に出す性格で、秘密を作らずに共有することは、ただ彼女にとっての絶対的な善である。価値観と他人と自分の境界が分からず、欲しいものは欲しいといい、嫌いなものは嫌いといい、立場を考えずに誰にでも関わろうとし、相手の遠慮を見抜き、隠すことは悪・卑怯な行いとみなす。

その他:物語の中ではアサミ(Asami)の半妹。母親が違い、正妻の娘。幼い頃から大事にされて育った世間知らずの箱入り娘。率直で自分の気持ちに正直だが、他人の立場や気持ちを理解できない。よそ者の母を持ち、障害者の面倒をみて、一族から被差別者とされている姉を、周囲の扱いのままに幼い感性で格下・穢れたものと見なし、無邪気に毛嫌いしている。自分だけが買ってもらった雛人形を羨んだ姉が誤って首を折ってしまった時に泣いて「それもういらない」と言った。彼女は新しい人形を買ってもらい、その雛人形はいまでもアサミのものである。

Advertisement